講座・シンポジウム

協会では、より多くの方に子どもや若者を取り巻く環境に関心を持ってもらうとともに、その支援のあり方についてより深くご理解いただく機会を提供するために、公開講座やシンポジウムを開催しています。

ぴあすぽ

講座は、興味をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。
これから子どもや家族にかかわろうとしている方や、すでに現場でご活動されている皆さまのご参加をお待ちしています。

訪問ワーカー養成講座(ケアワーカー・ユースワーカー)


ケアワーカー・ユースワーカーとして、活動を検討中の方、これから活動を始める予定の方向けの講座です。活動について知りたい方や、子どもとの関わりについて学びたい方など、どうぞお気軽にご参加ください。


※10月24日の講座は満席となりました(9/26時点)。またの機会にご参加をお待ちしております。
■日時:2020年10月24日(土)13:30〜17:00(開場13:15)
■場所:世田谷区 喜多見地区会館(世田谷区喜多見8−23−23)小田急線喜多見駅徒歩3分
■内容:
・講義「子どもを支援することとは」(日本子どもソーシャルワーク協会理事長 ソーシャルワーカー寺出壽美子)
・訪問場面に関するグループワーク
・活動紹介、質疑応答
■参加費:一般1000円 学生500円
■定員:17名(満席となりました)
■申込方法:問い合わせフォームもしくは電話にてお申し込みください。

*ご参加にあたってのお願い*
新型コロナウイルス拡大防止のため、対策を講じたうえで、開催させていただきます。ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
・マスク着用でのご参加をお願いいたします。ご自身、ご家族などが体調不良(発熱・咳・倦怠感・風邪症状など)の場合には、恐れ入りますが、ご来場をお控えください。
・ご入室の前に、手洗いもしくは手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・会場内の事前の消毒(机・椅子・スイッチなど)、換気、参加者数の制限(収容数の半分以下)、席間隔の確保を行います。スタッフの体調を確認し、当日運営を行います。

ご参加にあたり、ご不明点、ご心配な点などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
コロナ拡大の状況下でも、自治体やご家庭からの依頼を踏まえ、ご家庭への訪問活動は継続して行っております。
活動に興味を持ってくださる方のご参加を心よりお待ちしております。


「高校生不登校への理解を」保護者向け講演会・交流会(港区)

子どもが年齢を重ね、考え方や心情が複雑となっている時期に、不登校となっているお子さんとどのように日々の生活を送っていったらよいのか。
さまざまな視点からの講演会や保護者同士の交流会を通して考えていきます。

講演会

専門家による講演会です(各回定員30人、申込順)

■第1回「子どもが不登校になるということ」〜親はその時、どうしたらよいか〜
日時:令和2年10月21日(水曜)14時開演(13時30分開場)
講師:寺出 壽美子(NPO法人日本子どもソーシャルワーク協会理事長)
慶応義塾大学文学部卒。虐待、いじめ、不登校・ひきこもり、家庭内暴力、少年事件など、多岐にわたる分野で、子どもと親への面接相談や支援に従事。

■第2回「正しくひきこもるには?」〜受け止めるということ〜
日時:令和3年1月27日(水曜)14時開演(13時30分開場)
講師:芹沢 俊介(文芸社会評論家)
上智大学経済学部卒。1998年から児童養護施設の施設長らとともに「養育を語る会」を開始し、だれもが参加できる会として現在も各月で開催。

■第3回「思春期の子どもと向き合う」〜子どもの心の叫びが聴こえますか?〜
日時:令和3年3月17日(水曜)14時開演(13時30分開場)
講師:田中 哲(子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ院長 ほか)
北海道大学医学部卒。児童思春期精神医学を専門とし、さまざまな学会の理事や委員として活躍。

交流会

専門家の進行のもと、お茶やお菓子を食べながら保護者同士が気軽に話し合える交流会です(各回定員15人、申込順)
■第1回:令和2年11月11日(水曜)14時から(13時30分開場)
■第2回:令和3年2月10日(水曜)14時から(13時30分開場)

会場

港区立教育センター 4階研修室
港区虎ノ門三丁目6番9号(日比谷線虎ノ門ヒルズ駅A1出口徒歩2分)

対象

どなたでも(主に高校生及び中学校3年生の子どもの保護者)

申し込み

電話:03-5472-3710(みなとコール) FAX:03-3578-2759
WEB:申し込みフォーム
各講演会、交流会の開催前日17時までに電話・FAX・WEBにてお申し込みください。

港区HPは、こちら チラシは、こちら


お母さんのための養育講座
 〜「受けとめること」って?子どもと親の安心と安定を願って〜

■日時・場所:2019年2月21日(木)大泉学園〔西武池袋線〕、3月7日(木)三鷹〔JR中央線〕、3月15日(金)成城学園前〔小田急線〕
*いずれも10:30〜12:00、研修内容は各回とも同じです。
*託児もあります。ご希望の方は、お申込み書に記入の上、お申込みください。
*場所についての詳細は、チラシをご参照ください⇒大泉学園三鷹成城学園前
※既にお知らせしておりました1月17日(木)新宿会場、2月14日(木)品川会場は、都合により中止となりました。
■対象:妊娠中や幼児のいる母親・父親 養育に関わっている祖父母 里親 その他
■定員:各回20名 各回とも定員になり次第予約受付を終了いたします。
■参加費:無料
■お申し込み:FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
*会場が満席の場合のみご連絡いたします。(FAX・メールのお申込については返信しておりません) 詳しくは、チラシをご覧ください⇒大泉学園三鷹成城学園前

※公益財団法人東京都福祉保健財団(子供が輝く東京・応援事業)の助成を受けて実施します。

子育て支援者対象 養育研修 〜子どもと親の安心と安定を願って〜

■日時・場所:
2018年5月16日(水)吉祥寺、6月7日(木)立川(満席)、6月21日(木)品川(満席)、7月12日(木)御茶ノ水(満席)、8月23日(木)池袋、9月13日(木)下北沢、10月18日(木)渋谷、11月15日(木)上野
*いずれも9:30〜11:30、研修内容は各回とも同じです。
*場所についての詳細は、チラシをご参照ください。
■対象:
子ども家庭支援課職員、保健師、保育士、幼・小・中教諭、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカー、放課後デイ職員、養育支援訪問事業職員(支援員)、ファミリーサポート職員(支援員)、ホームスタート職員(支援員)、児童館職員、子育てひろば職員、民生児童委員、母子支援機関職員、児童養護施設職員、その他
■定員:各回50名 各回とも定員になり次第予約受付を終了いたします。
■参加費:無料
■お申し込み:FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
詳しくは、チラシをご覧ください。

※公益財団法人東京都福祉保健財団(子供が輝く東京・応援事業)の助成を受けて実施します。

6月7日(木)立川、6月21日(木)品川、7月12日(木)御茶ノ水 は定員となりました。お申込みをありがとうございました(7月5日更新)

ソーシャルワーク講座

ソーシャルワーク講座・第19期

2017年2月11日(土)・2017年3月12日(日)

案内チラシ(PDF)

テーマ1 「相模原障碍者殺傷事件」

〜いのちの受けとめ方を考える〜

      

芹沢 俊介(思想家)

時間:2017年2月11日(土)12:20〜14:20

テーマ2 「相模原障碍者殺傷事件」

〜精神科医の立場から考える〜

高岡 健(岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター・発達精神医学研究所長、児童精神科医)

時間:2017年2月11日(土)14:40〜16:40

テーマ3 「不登校・ひきこもり・いじめ…」

〜支援の現場で問われていること〜

寺出 壽美子(日本子どもソーシャルワーク協会理事長、ソーシャルワーカー)

時間:2017年3月12日(日)12:20〜14:20

テーマ4 「不登校・ひきこもり…親の心構え」

石川 憲彦(林試の森クリニック院長 児童精神科医)

時間:2017年3月12日(日)14:40〜16:40

会 場 成城ホール4階 集会室(小田急線「成城学園前」駅下車 徒歩3分)
受講料 ◆一般:1講座3,500円、全4講座12,000円
◆学生割引(25歳未満)及び職場団体割引(5名以上):1講座1,800円、全4講座6,000円
講師の皆様には遠方よりお越しいただいておりましため、受講料の見直しを行いました。ご了承いただきますようお願い申し上げます。
振込先 みずほ銀行 成城支店 普通 8045776
特定非営利活動法人日本子どもソーシャルワーク協会
定 員 50名
お申込
み方法

FAXでのお申込み

申込用紙を印刷し、必要事項を記入の上FAX(03-3416-6994)してください。

メールでの申込み

申込用紙を印刷し、必要事項を記入の上、swkoza@jcsw.jpにメールしてください。

郵送でのお申込み

申込用紙を印刷し、必要事項を記入の上、下記住所に郵送してください。

〒157-0066 東京都世田谷区 成城 2丁目 29−12
特定非営利活動法人 日本子どもソーシャルワーク協会

申込書のご送付後、10日以内に受講料のお振込みをお願いいたします。お振込みを事務局にて確認させていただいた時点で、受付完了となります。受講料の返金はいたしませんので、ご了承ください。